市場のしくみ
開設者 市場施設の維持管理を行うとともに卸売業者、仲卸業者、売買参加者などが正しい取引きをするように指導監督します。
卸売業者 全国各地から販売委託、又は買付けにより出荷された生鮮食料品などを「せり売り」、又は相対取引などにより仲卸業者や売買参加者に販売します。
仲卸業者 需要、供給のバランスを常に調べておき、「せり売り」などに参加して品物を評価するとともに、その買い取った品物を市場内店舗で分荷、調整し、買出人などに販売します。
売買参加者 一般消費者に直接販売する小売商、スーパーなどで仲卸業者と同様に「せり売り」などに参加できる人達です。
関連事業者 市場内において卸売業者(青果・水産)で取り扱う品目以外の生鮮食品などを販売し、市場関係者への便益提供を営む人達です。
買出人 仲卸業者、関連事業者から品物を仕入れ、消費者に販売する人達です。
【市場の一日】
入荷 朝の早い時間、市場に出荷された品物をきちんと種類ごとに並べ、せり用の伝票を入れておきます。
 
下見 買い手(仲卸業者・売買参加者)は並べられた品物を見て、いくらで買うかチェックしておきます。
 
せり 卸売業者と買い手との間でせりが行われます。品物は一番高い値段をつけた買い手に売られます。
 
分荷販売 買い手がせり落とした品物は、それぞれのお店に引き取られ、店頭に並べられ販売されます。

お問合せは/049-240-2246までお願いします トップページサイトマップ川越総合卸売市場株式会社